スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WF2014夏終了


仕事が忙しいのでご報告のみ。



艦これ一色といっていいほどあちこちで艦むす達が増殖していた今年のWFでした。
前回に比べて造形的にも見ごたえのあるフィギュアがどっと増えてファンの方は大歓喜の状況だったのではないでしょうか。
艦むす自体が既存のメカを取り込んだデザインであるため、細かな部品が多く、原型師さんたちは苦労されたと思います。

一方、デジタルモデラーさんたちにとっては艦むすのような半機械系デザインは3DCGの得意分野であるというのもあって、造詣や売り上げにかなり手ごたえを感じられた方も多いのではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、自分の購入したキットです。
デジタルスカルプト関連の機器を取り揃えるため、今回のWFは余りお金は使わないという制約をあらかじめ決めていましたので、普段より数が少ないです。
積みの数を考えると、これでも買いすぎなくらいなんですがねー。



WF2014summer_semrihin.jpg



剛本堂さんの龍田はタッチの差でラストの一つを譲っていただきました。この子は絶対組まなければならないですね。
キロハナさんのハゴロモちゃんは造詣がとても気に入ったので、実は2個目の購入です。
ゴステロ様は単なる趣味。

今夏の目玉の艦これですが、金剛や大和などの巨大装備を背負った大型艦は購入しないと決めておりますので(時間がなくて作れない)小型の娘ばかり購入しましたね。シンプルで可愛い瑞鶴と龍田はお気に入りの艦むすです。


スポンサーサイト

グリズリーパンダ ハートビート其の2



再アニメ化記念にバンダイチャンネルで「ペルソナ4」のアニメが見放題になって嬉しい悲鳴です。

P4G_YuuNarukami.jpg


作業BGM代わりにバンバン見ています。
今回のアニメ(ペルソナ4ゴールデン)はAICからA1ピクチャーズにバトンタッチしたようで、前作から絵柄や塗り方、レイアウトまで大部分が変えられているのが新鮮ですね。
しかし何時見ても番長君は格好いいですわーーーーー


続きを読む

グリズリーパンダ ハートビートその1


ご無沙汰してます。

前回から引き続き、同原型師さんによる初音ミクです。
リズムゲーム「初音ミクProjectDIVA」よりコスチュームモジュール:ハートビートになります。


HeartBeat01.jpg


あの緑髪の塗装の楽しさが忘れられず、ついつい2体目のミクに入ってしまいました。

前回はショートヘアでしたから凄く楽でしたが、今回は通常版の長ーいツインテミクですので、塗りが少し難しくなっています。
イラストからも解るように服のマスキングも大目ですが、ぶっちゃけ前回のみくずきんよりかなりマシです。シンプルなラインがあるだけですしね、あのマスキング地獄に比べたら軽いものです。




HeartBeat02.jpg
HeartBeat03.jpg


まずは前回のミクずきんと同じく、パーツ接着部の平面にパテを盛って凹凸を付け加えていきます。前回と同じ原型師さんなので、キットの癖も同じですから、前回のやり方が今回も使えます。原型師さんの癖や組む際の注意点があらかじめ解っているとさくさく進みますね♪





HeartBeat04.jpg
HeartBeat05.jpg


股間の付け根部分も同じように加工します。平面のままだと、パーツ間の合いが悪い時にもろに隙間から向こう側が見えてしまう可能性があるため、パーツの間に段差を付け加えておけば最悪隙間が出来ても間から真鍮線が丸見え!なんてことは防げます。ある意味2重関節といえるかも。
ちょっとした手間で効果が出るのでお勧めの作業です。






HeartBeat06.jpg


お目目が立体的過ぎたので、一気に削り取り、一般的なフィギュアの形状に変更します。同時に眉毛の厚みも薄くしてやります。
前回のミクずきんは大スケールだったのでまつげ部分の立体は残しておいたのですが、今回のハートビートはサイズが1/8くらいと小さめなので、全て筆で書き込んだほうが綺麗になると思います。




HeartBeat07.jpg


頭部の毛のモールドも掘り込んで立体感を出してあげます。全部やると汚くなってしまうのでほどほどに。




HeartBeat08.jpg

今回のお下げパーツなんですが、どうもあちこちに気泡が入っているようで修正が面倒なことになっています。
特にモールドの張り出したところに密集していて、ほとんどベイクチョコ状態なスカスカ部分も・・。
かなり大きな一体型パーツなので、修正箇所が多くなりそうなのが不安です。



みくずきんDX:組み立ての際の注意点



ちょっとしたことなんですが、落札された方への「みくずきんDX」を組み立てる際の注意点を記載して置きます。



みくずきんDXはスカートパーツが外せる仕様になっております。そのため、発送時にパーツ別に分けて発送しております。到着後、フィギュアを展示する際は落札者様自身の手で組み立てていただくことになります。

脚部パーツにスカートパーツををかぶせ、その後胴体パーツを取り付けるだけですが、組み立てる際の注意点が少しありますので明記します。

mikuzukin_caution.jpg

特に右腕と腰リボンの接触の危険は失念しやすいので注意です。



脚部と胴体の接着はアルミ線と磁石でしますが、上体のパーツ重量に負けないよう結構強力な磁石を使っています。
スカートを外す際はしっかりパーツを手に持ってゆっくり上部と下部を離してください。

また、ベースの底に張ってある黄色いマスキングテープはアクリルの傷防止用のものです。
展示の際ははがして置いてください。


みくずきんDX オークション出品終了



みくずきん製作記事への拍手、ありがとうございました。


mikuzukin_taihi.jpg



みくずきんDXは現在ヤフオク!(旧yahooオークション)に出品中です。
よろしかったら見てください。

無事終了しました!御落札&沢山のウォッチありがとうございます。

カウンター

みくろっく

みくろっく
プロフィール

Author:kaori.paint
FC2ブログへようこそ!
「かおり」の名前でガレキの組み立て、塗装などをしています。
今までfgなどに投稿していました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
勝手にリンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。